blog横濱の文化探訪

アクセスカウンタ

zoom RSS Seto bridge 六浦湊 瀬戸橋

<<   作成日時 : 2016/09/19 08:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


六浦湊 瀬戸橋



画像
金沢八景 瀬戸秋月 廣重画


画像
六浦湊模型


画像
六浦湊 瀬戸橋


中世コーナー展示室の中央には、中世横浜の海の玄関口で、文化・交易・産業の中心地となった、六浦湊(金沢区)や周辺の地形を復元した大型模型が置かれている。

六浦は、鎌倉幕府が開かれてから、鎌倉の外港として中国との貿易や江戸内湾の交易によって栄え、武士や商人・職人・宗教者などが多く集まり、にぎわいをみせた地域。

先日、見学者から、「模型の中央付近にある瀬戸橋が正確に復元されていないのでは?」との指摘があった。

瀬戸橋を注視すると、橋が一連となっている。

1305年に北条氏が二連の瀬戸橋を造営した。(歴史息づく横浜金沢@横浜市)

復元は1305年以前を想定して復元したのかな?でも、橋はなかったはず

指摘、ありがとうございます。

開館(1995年1月31日)以来、20年以上経つが、気づいた人が何人いただろう。


2016年9月



瀬戸橋


瀬戸と州崎の間は狭い海峡となっていて、容易にわたれない難所だった。この不便をなくすため、1305年に北条氏が瀬戸橋を造営した。
当時の瀬戸は市は海峡の真ん中に島を築いて、そこへ両側から二つの橋を架け渡した。
八景のひとつ「瀬戸秋月」の中心地でもある。

歴史息づく横浜金沢@横浜市 より
http://www.city.yokohama.lg.jp/kanazawa/rekishi/otona/artifact/






Copyright(C) Masaji 2014-2017

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Seto bridge 六浦湊 瀬戸橋 blog横濱の文化探訪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる