blog横濱の文化探訪

アクセスカウンタ

zoom RSS short story ガイド余話 長談義

<<   作成日時 : 2016/12/02 22:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



横浜市営地下鉄の車窓から横浜市歴史博物館の屋根に張られた「文化財展」と書いた大きなパネルが見える。
地下鉄と言ってもこのあたりは高架を走る。

先月開催されていた企画展「杉原千畝と命のビザ」が終了し、次の企画展が始まったのかと思ったが、博物館に到着し、「文化財展」のポスターを見ると開催は12月10日からだった。

ガイドステーションで待機していると、来館者の一人が

『遺跡公園は昔と変わりませんか?』

と話しかけてきた。同じだと答えると見学するのを止め、雑談を始めた。

『博物館の案内書が日本語版だけしかないけれど、外国人の団体を連れてくることがあるので英語版も用意しておいてくれるとありがたい。外国人に横浜を紹介するには博物館を案内するのが良い』

英語版も用意されていますと返答。

『「文化財展」では、どのような文化財を展示するのですか?』

ちらしを見せながら、

『今年国宝になった称名寺聖教や金沢文庫文書などが目玉ですよ』





80代の人で、話は尽きず、現役時代の仕事の話、戦時中の話、日清戦争時代の話などなど・・・

どうやら私とだと話しやすいらしい。私も話を合わせる。


30分以上雑談して別れるときに

『企画展は来週の土曜日から始まるので、また来て下さい』

『電車から「文化財展」のパネルが見えたので下車したのだけれど、まだ始まっていなかった。また来ますよ。』


見学はできなかったが、私と長談義したので満足そうだった。

ときには、このような話をするのも良い


2016年12月2日



Copyright(C) Masaji 2014-2017

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
short story ガイド余話 長談義 blog横濱の文化探訪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる