Exhibition 企画展「横浜発掘物語2015」


横浜市歴史博物館で開催の企画展「横浜発掘物語2015」を鑑賞した。


2015年4月10日
横浜市都筑区


君も今日から考古学者!


いま、わたしたちが生活している地面の下には、
たくさんの宝物が眠っています。
それは、100年前のお茶碗であったり、
2000年前の家の跡であったりします。
これらが見つかる場所のことを遺跡といい、
土を掘って遺跡を調べることを発掘調査といいます。
発掘調査によって見つかった色々な物は考古資料といい、
昔の人がどのような生活をしていたのか考える手がかりになります。
遺跡から見つかった考古資料を中心に、
昔の人がどんな生活をしていたのか考える学問のことを、
考古学といいます。
横浜市内ではこれまで多くの発掘調査が行われており、
古くは約30000年前から人が生活していたことが分かっています。
今回は、市内の発掘調査で見つかった考古資料を通して、
考古学の成果を中心とした横浜30000年の歴史を
感じていただきたいと思います。

リーフレットより



リーフレット


画像


画像










画像


横浜市立歴史博物館正面入口


画像


ごあいさつ


画像


I
横浜を掘る


画像




画像


II
むかしの暮らし・いまの暮らし


画像


III
本物をさわってみよう!


画像




画像




画像


IIII
みんなで行ける遺跡


画像




画像


体験学習塾


画像


書道展
「大昔を書いちゃった!!」


画像







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック