Old Days in Sankeien 三渓園 昔むかし


三渓園 昔むかし



三渓園の昔と現在



画像


01 桜道 [ 記事 ]


画像


02 明治末頃の園内 [ 記事 ]


画像


03 大正初期頃の園内 [ 記事 ]


画像


04 原家初代・原善三郎銅像 [ 記事 ]


画像


05 原家の住居・鶴翔閣の全景 [ 記事 ]


画像


06 大正はじめ頃の御門 [ 記事 ]


画像


07  納涼台 [ 記事 ]


画像


08 海岸 [ 記事 ]


画像


09 御谷館 [ 記事 ]


画像


10 造成中の内苑(大正10年頃)

[ 記事 ]


画像


11 聚星軒 [ 記事 ]


画像


12 松風閣 [ 記事 ]


画像


13 寒月庵 [ 記事 ]


画像


14 初音茶屋と寒月庵 [ 記事 ]


画像


15 初音茶屋 [ 記事 ]


画像


16 横笛庵内に安置されていた横笛の像

 [ 記事 ]


画像


17 寒霞橋と横笛庵 [ 記事 ]


画像


18 松風閣の別景 [ 記事 ]


画像


19 六角堂 [ 記事 ]


画像


20 田舎家 [ 記事 ]


画像


21 月影の茶屋 [ 記事 ]


画像


22 待春軒 [ 記事 ]


画像


23 待春軒より横笛庵、六角堂を望む [ 記事 ]


画像


24 皇大神宮 [ 記事 ]


画像


25 皇大神宮から楠公社への道 [ 記事 ]


画像


26 夕日ヶ岡と稲荷社 [ 記事 ]


画像


27 杉の茶屋 [ 記事 ]


画像


28 楠公社と観心橋 [ 記事 ]




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • Sankeien Garden 梅雨どきの三渓園

    Excerpt: 雨にしっとり 梅雨どきの三渓園 Weblog: blog横濱の文化探訪 racked: 2016-07-02 13:16
  • Old Days in Sankeien 8 三渓園昔むかし 8 海岸

    Excerpt: 三渓園昔むかし 8 海岸 当時沖からこのあたりの陸地を望むと、海に向かって開く3つの谷、一之谷・二之谷・三之谷が確認できた。三渓園は、現在でも地名として残る、三之谷に造られたことによる名.. Weblog: blog横濱の文化探訪 racked: 2016-07-04 06:19
  • Old Days in Sankeien 7 三渓園昔むかし 7 納涼台

    Excerpt: 三渓園昔むかし 7 納涼台 埋立てにより今では本牧市民公園となっているこの一帯も、昭和30年代までは東京湾の雄大なパノラマが眺められる遠浅の海岸であった。 潮干狩りや魚釣り、海水浴など.. Weblog: blog横濱の文化探訪 racked: 2016-07-04 06:21
  • Old Days in Sankeien 12 三渓園昔むかし 12 松風閣

    Excerpt: 三渓園昔むかし 12 松風閣 初代・善三郎が別荘として明治20年ごろに築造した建物で、その名称は伊藤博文によるものである。写真はレンガ造の玄関部分で、窓などに中国風の意匠が見られる。断崖.. Weblog: blog横濱の文化探訪 racked: 2016-07-04 06:23
  • Old Days in Sankeien 1 三渓園昔むかし 1 桜道

    Excerpt: 三渓園昔むかし 1 桜道 桜花のころの桜道。道の両側には、桜の時期にあわせて設けられたものだろうか、雪洞(せつどう)が並んでいる。今では車の往来で遠慮がちに立っている桜の木も、当時はその.. Weblog: blog横濱の文化探訪 racked: 2016-07-04 06:43
  • Old Days in Sankeien 2 三渓園昔むかし 2 明治末頃の園内

    Excerpt: 三渓園昔むかし 2 明治末頃の園内 桜花のころの桜道。道の両側には、桜の時期にあわせて設けられたものだろうか、雪洞(せつどう)が並んでいる。今では車の往来で遠慮がちに立っている桜の木も、.. Weblog: blog横濱の文化探訪 racked: 2016-07-04 07:10
  • Old Days in Sankeien 3 三渓園昔むかし 3 大正初期頃の園内

    Excerpt: 三渓園昔むかし 3 大正初期頃の園内 現在と比較すると、もの足りないほどすっきりとした園内の景観である。主園路沿いに松の木が植えられたのは近年のことで、今では雑木となっている三重塔の山は.. Weblog: blog横濱の文化探訪 racked: 2016-07-04 07:26
  • Old Days in Sankeien 4 三渓園昔むかし 4 原家初代・善三郎の銅像

    Excerpt: 三渓園昔むかし 4 原家初代・善三郎の銅像 善三郎は、三渓の妻・やすの祖父にあたり、原家(屋号 亀屋)の礎を築いた人物。 ”横浜は良きも悪しきも亀善のはら一つにて事決まるなり”と、当時.. Weblog: blog横濱の文化探訪 racked: 2016-07-04 07:47
  • Old Days in Sankeien 5 三渓園昔むかし 5 原家の住居・鶴翔閣の全景

    Excerpt: 三渓園昔むかし 5 原家の住居・鶴翔閣の全景 鶴翔閣は、三渓が明治35(1902)年に住まいとして築造したもので、三渓園の造園はまさにここを足がかりに進められた。現在ある建物は、改変著し.. Weblog: blog横濱の文化探訪 racked: 2016-07-04 08:04
  • Old Days in Sankeien 6 三渓園昔むかし 6 大正はじめ頃の御門

    Excerpt: 三渓園昔むかし 6 大正はじめ頃の御門 内苑は、戦後に初めて一般公開されたエリアで、それまでは原家の私庭として、一般には立ち入れなかった。よって当時三渓園のみやげ物として売り出された絵は.. Weblog: blog横濱の文化探訪 racked: 2016-07-04 08:32
  • Old Days in Sankeien 13 三渓園昔むかし 13 寒月庵

    Excerpt: 三渓園昔むかし 13 寒月庵 三渓が所有していた製糸場の一つ栃木県大嶹(おおしま)製糸場内から移された建物。かつては江戸の十人衆の一人といわれた赤穂藩出入りの豪商・川村伝左衛門(迂叟)が.. Weblog: blog横濱の文化探訪 racked: 2016-07-04 09:27
  • Old Days in Sankeien 14 三渓園昔むかし 14 初音茶屋と寒月庵

    Excerpt: 三渓園昔むかし 14 初音茶屋と寒月庵 Weblog: blog横濱の文化探訪 racked: 2016-07-04 09:36
  • Old Days in Sankeien 15 三渓園昔むかし 15 初音茶屋

    Excerpt: 三渓園昔むかし 15 初音茶屋 開園当時、三渓園には誰もが自由に出入りできたばかりでなく、無料の湯茶サービスもあった。その場所の一つがこの初音茶屋である。中央の炉に煤竹の自在かぎで吊るさ.. Weblog: blog横濱の文化探訪 racked: 2016-07-04 09:49
  • Old Days in Sankeien 16 三渓園昔むかし 16 横笛の像

    Excerpt: 三渓園昔むかし 16 横笛庵内に安置されていた横笛の像 横笛は今から800年程前、平 清盛の娘・建礼門院徳子(高倉天皇の中宮)に仕えた女官で、平家物語には平 重盛の従者・斉藤時頼(滝口入.. Weblog: blog横濱の文化探訪 racked: 2016-07-04 10:14
  • Old Days in Sankeien 17 三渓園昔むかし 17 寒霞橋と横笛庵

    Excerpt: 三渓園昔むかし 17 寒霞橋と横笛庵 奥に見える茅葺きの建物は、今ではもう失われた待春軒。手前の風景は現在もほぼ変わっていないが、横笛庵の屋根の頭頂部には植物を植え付けた”芝棟”と呼ばれ.. Weblog: blog横濱の文化探訪 racked: 2016-07-05 00:51
  • Old Days in Sankeien 18 三渓園昔むかし 18 松風閣の別景

    Excerpt: 三渓園昔むかし 18 松風閣の別景 松風閣は当初、原家初代・善三郎が別荘として建て、三渓の代となってさらに増築が重ねられた。その規模は、本邸・鶴翔閣をしのぐものであったといわれるが、惜し.. Weblog: blog横濱の文化探訪 racked: 2016-07-05 01:12
  • Old Days in Sankeien 19 三渓園昔むかし 19 六角堂

    Excerpt: 三渓園昔むかし 19 六角堂 正式には”望仙亭”と称されたあずまやで、海や庭園内が見渡せるよう、この付近の高台に建てられた。その形状と崖上に立つ姿は、中国の山水画を思わせる風情である。当.. Weblog: blog横濱の文化探訪 racked: 2016-07-06 08:07
  • Old Days in Sankeien 19 三渓園昔むかし 20 田舎家

    Excerpt: 三渓園昔むかし 20 田舎家 石置き屋根の古民家で、由緒は不明。障子に古い証文や暦、子どもの手習いの反故紙を用い、入口には箕笠や鍬などを掛けるなど建物自体に趣向が凝らされていたばかりでな.. Weblog: blog横濱の文化探訪 racked: 2016-07-06 08:22
  • Old Days in Sankeien 21 三渓園昔むかし 21 月影の茶屋

    Excerpt: 三渓園昔むかし 21 月影の茶屋 屋根は杉皮葺きであろうか、隣接した田舎家の風情にあわせた簡素な建物である。詳細は不明であるが、園遊会などの際に茶の接待などに用いられたものと考えられる。.. Weblog: blog横濱の文化探訪 racked: 2016-07-06 08:35
  • Old Days in Sankeien 22 三渓園昔むかし 22 待春軒

    Excerpt: 三渓園昔むかし 22 待春軒 寒月庵(No.13)と同じく、もと江戸の豪商 川村伝左衛門(迂捜)が所有していたもので、栃木県大嶹(おおしま)製糸場内から移された建物。場内にあった明治12.. Weblog: blog横濱の文化探訪 racked: 2016-07-06 08:52
  • Old Days in Sankeien 23 三渓園昔むかし 23 待春軒より横笛庵、六角堂を望む

    Excerpt: 三渓園昔むかし 23 待春軒より横笛庵、六角堂を望む Weblog: blog横濱の文化探訪 racked: 2016-07-06 13:17
  • Old Days in Sankeien 24 三渓園昔むかし 24 皇大神宮

    Excerpt: 三渓園昔むかし 24 皇大神宮 寒月庵(No.13)、待春庵(No.22)とともに栃木県大嶹(おおしま)製糸場内から移された建物。三渓園は、梅・桜のほかに秋草の名所としても知られ、秋には.. Weblog: blog横濱の文化探訪 racked: 2016-07-06 13:50
  • Old Days in Sankeien 25 三渓園昔むかし 25 皇大神宮から楠公社への道

    Excerpt: 三渓園昔むかし 25 皇大神宮から楠公社への道 園路の傍らにベンチ2基が置かれ、その背後の山すそにはススキやノギクなどが咲き乱れる。季節は秋である。三渓園の秋草は、遠く群馬県高崎から取り.. Weblog: blog横濱の文化探訪 racked: 2016-07-07 01:13
  • Old Days in Sankeien 26 三渓園昔むかし 26 夕日ヶ岡と稲荷社

    Excerpt: 三渓園昔むかし 26 夕日ヶ岡と稲荷社 夕日の射す時刻に美しいながめが見られることからの名であろうか。山の斜面の中腹には稲荷社の鳥居が見える。稲荷社は、由緒など不明で空襲により消失したの.. Weblog: blog横濱の文化探訪 racked: 2016-07-07 01:27
  • Old Days in Sankeien 27 三渓園昔むかし 27 杉の茶屋

    Excerpt: 三渓園昔むかし 27 杉の茶屋 名のとおり、屋根ばかりでなく壁面にも杉皮が張り込まれた建物。柱や梁などの木部も皮付きの杉材が用いられていたようで、写真からも野趣に富んだものであったことが.. Weblog: blog横濱の文化探訪 racked: 2016-07-07 01:43
  • Old Days in Sankeien 28 三渓園昔むかし 28 楠公社と観心橋

    Excerpt: 三渓園昔むかし 28 楠公社と観心橋 楠公とは、南北朝時代の武将・楠 正成のこと。社殿の建物は、もと大坂・観心寺にあったもので、楠 正成が建武元(1334)年に建立、自らの守護神・牛頭明.. Weblog: blog横濱の文化探訪 racked: 2016-07-07 02:05
  • Old Days in Sankeien 9 三渓園昔むかし 9 御谷館

    Excerpt: 三渓園昔むかし 9 御谷館(おやつかん) 御谷館は、もと鎌倉・鶴岡八幡宮境内に併存していた神宮寺の僧房であったといわれる建物。明治41(1908)年に移築され、来園者の休憩用にあてられた.. Weblog: blog横濱の文化探訪 racked: 2016-07-07 14:07
  • Old Days in Sankeien 10 三渓園昔むかし 10 造成中の内苑(大正10年頃)

    Excerpt: 三渓園昔むかし 10 造成中の内苑(大正10年頃) 当時一般に公開されていたのは、現在の外苑部分で、内苑は原家のプライベート・エリアであった。写真では公開部分との境に仮説の塀が設けられ、.. Weblog: blog横濱の文化探訪 racked: 2016-07-07 14:19
  • Old Days in Sankeien 11 三渓園昔むかし 11 聚星軒

    Excerpt: 三渓園昔むかし 11 聚星軒(じゅせいけん) 竹を編みこんだ壁など、中国風の意匠が特徴の建物。明治20(1827)年ごろ、松風閣とともに原家初代・善三郎が築造したもののようであるが、大正.. Weblog: blog横濱の文化探訪 racked: 2016-07-07 14:27
  • Sankeien Garden 横浜探訪 三渓園

    Excerpt: 横浜探訪 三渓園 Weblog: blog横濱ぶらり探訪2 racked: 2017-03-01 07:52
  • Sankeien Garden 三渓園 探訪一覧

    Excerpt: 三渓園 探訪一覧 概要  四季折々  自然観察会  催事  その他 Weblog: 三渓園探訪 racked: 2017-03-19 17:09