Tufted duck 三渓園 キンクロハジロ(金黒羽白)

画像



三渓園 キンクロハジロ(金黒羽白)



三渓園外苑大池に飛来したキンクロハジロ(金黒羽白)。今年は10月2日に初見。



キンクロハジロ

キンクロハジロ(金黒羽白[1]、Aythya fuligula)は、カモ目カモ科ハジロ属に分類される鳥類。

分布
シベリア、ヨーロッパ北部などのユーラシア大陸北部で繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸北部、ヨーロッパ、中近東、インド、中華人民共和国東部などへ南下し越冬する[2][3][4]。日本では冬季に九州以北に越冬のため飛来し(冬鳥)、北海道では少数が繁殖する[1][3][5][6]。

形態
全長40-47センチメートル[3][5]。翼長オス19.8-20.8センチメートル、メス18.9-20.2センチメートル[4]。翼開張67-73センチメートル[3]。体重0.3-1キログラム[5]。初列風切の上面には白い斑紋が入り[3][4][6]、和名ハジロの由来になっている[1]。
虹彩は黄色で[2][3][4][6]、和名キンの由来になっている[1]。嘴はやや短く、幅広い[4]。嘴の色彩は灰青色で[2]、先端は黒くその周囲は白い[3][4][6]。後肢は暗青灰色[4]。
繁殖期のオスは後頭の羽毛が伸長し(冠羽)[3][4][6]、英名(tufted=ふさのある)の由来になっている[1]。また頭部から胸部、体上面の羽衣が黒く、頭部の羽毛は紫色の光沢がある[1][3][4][6]。和名クロは羽衣に由来する[1]。メスは冠羽が短い[1][3][4]。非繁殖期のオス(エクリプス)やメスは全身の羽衣が黒褐色や暗褐色[2][3][4][6]。オスのエクリプスは黒みが強く、体側面に淡色の斑紋が入る[3][4][6]。またメスは嘴基部に白い斑紋が入る個体もいる[2][4][6]。

生態
湖沼、河川、河口などに生息する[2][3][5][6]。
植生は雑食で、水生植物、昆虫、甲殻類、軟体動物、魚類やその卵、カエルなどを食べる[2]。
繁殖形態は卵生。5-7月に水辺の草原や浅瀬(カモメ科の集団繁殖地内に巣をつくることもある)にアシやイグサなどの枯れ草などを組み合わせた直径20-25センチメートルに達する巣をメスが作り、6-14個の卵を産む[2][4][5]。メスのみが抱卵し、抱卵期間は23-28日[5]。雛は孵化してから45-50日で飛翔できるようになり独立する[2][5]。生後1-2年で性成熟する[5]。

人間との関係
日本では1970年に大阪市天王寺動物園が初めて飼育下繁殖に成功した[4]。

キンクロハジロ@Wikipedia



2016年10月10日
横浜市中区本牧三之谷


関連

Sankeien Garden 三渓園 2016年10月10日
http://hamacul.at.webry.info/201610/article_34.html

キンクロハジロWikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%8F%E3%82%B8%E3%83%AD







画像



画像



画像



画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック