Salix gracilistyla 三渓園 ネコヤナギ

画像



三渓園 ネコヤナギ(猫柳)



三渓園外苑大池縁のネコヤナギ(猫柳)の花穂。


ネコヤナギ(猫柳、学名:Salix gracilistyla)は、ヤナギ科ヤナギ属の落葉低木。山間部の渓流から町中の小川まで、広く川辺に自生する、ヤナギの1種である。ねこやなぎの花言葉は、「自由」。

北海道〜九州までの河川の水辺で見られ、早春に川辺で穂の出る姿は美しいものである。他のヤナギ類の開花よりも一足早く花を咲かせることから、春の訪れを告げる植物ともみなされている。暖かく湿潤な環境を好む。他のヤナギ類よりも水際に生育し、株元は水に浸かるところに育つ。根元からも枝を出し、水に浸ったところからは根を下ろして株が増える。葉は細い楕円形でつやがない。初夏には綿毛につつまれた種子を飛ばす。

花期は3〜4月。雌雄異株で、雄株と雌株がそれぞれ雄花と雌花を咲かす。花の高さは3mほど。

銀白色の毛で目立つ花穂が特徴的であり、「ネコヤナギ」の和名はこれをネコの尾に見立てたことによる。花穂は生け花にもよく用いられる。

ネコヤナギの樹液はカブトムシやクワガタムシ、カナブン、スズメバチの好物である。
ネコヤナギを利用した護岸の緑化・環境保全技術が注目を集めている。

ネコヤナギ@Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%82%B3%E3%83%A4%E3%83%8A%E3%82%AE



和名ネコヤナギ
学名Salix gracilistyla
英名
別名
分類
ヤナギ科
ヤナギ属


2017年3月7日
横浜市中区本牧三之谷


関連

Sankeien Garden 三渓園 2017年3月7日
http://hamacul.at.webry.info/201703/article_7.html


関連記事

ネコヤナギ - 植物和名ー学名インデックス YList
http://ylist.info/ylist_detail_display.php?pass=4645

ネコヤナギ(猫柳) - Botanical Garden
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/BotanicalGarden-F.html

ねこやなぎ(猫柳) - Botanic Garden
http://www.botanic.jp/plants-na/neyana.htm









画像



画像



画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック