テーマ:原始

History of Yokohama 横浜最古の人間活動の痕跡 先土器時代の遺物

横浜の最古の人間活動の痕跡は、おおよそ三万年前の先土器時代と考えられている。 横浜最古の人間活動の痕跡 横浜で最古の人間活動の痕跡は、保土ヶ谷区明神台遺跡から出土したナイフ形石器と、都筑郡北川貝塚東地点で出土した礫器で、いずれもAT(姶良丹沢火山灰層)が含まれるローム層下の黒色帯上部から主としており、ATの位…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kitagawa midden 北川貝塚 <横浜市都筑区>

横浜最古の人間活動の痕跡が発見された北川貝塚を探訪した。 北川貝塚は、後期旧石器時代から縄文時代後期までにわたる集落の遺跡であり、保土ヶ谷区の明神台遺跡と共に、横浜市内で最も古い遺跡の一つである。 北川貝塚東と北川貝塚南では、約2万9千年前~2万6千年前のAT(姶良テフラ)の下のB3(黒色帯)から礫器が採集されている。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more